自動車保険の基本保障について

2017/02/09

自動車保険を考える

自動車保険は自賠責保険と任意保険とに分かれています。

自賠責保険は法律により加入が義務づけれれており強制保険です。

任意保険は入らなくとも車を運転できます。

万一事故を起こしたときには自賠責保険では保障しきれないことが多く任意保険に加入するのが普通だと思います。

しかし実際は加入していないケースもあり統計では加入率約85%となっています。

約15%の方は未加入です。

未加入の方はリスクが大きく対人賠償保険・対物賠償保険の保障がないのでその後の人生に影響します。

対人賠償保険は「人」に対しての補償で、対物賠償保険は「物」に対する補償であり対象は「他人」です。

 

あなたが被害者になってしまったとき、相手に保障がないことを考えると人身傷害保険・車両保険の加入を検討する必要があります。

また、人身傷害保険に加入している人は無保険車障害保険など付帯しているか確認しましょう。

無保険車障害保険とは、相手方から十分な補償が得られない場合に損害補償額を補償してもらえます。(後遺症など)

 

 

自動車保険について少しずつ説明していきます。