メイン画像

症状に合わせて専門の治療を行います。
オーダーメイドの施術により安心して治療を受けていただけます。

わかりにくい交通事故手続きもフォローいたします。交通事故手続きで困ったら是非ご相談ください。

土日も診療!平日は夜22時まで診療しておりますので、お仕事をしながら来院いただけます。

院長のごあいさつ

倉林院長

当院ホームページにご来訪いただき有難うございます。
交通事故に遭われた方の心強いパートナーとして理をもって尽くしていきたいと思っています。
交通事故優良治療院に認定され、培った知識・技術を活かしていき、地域に貢献していきます。

倉林接骨院 院長 倉林英仁

患者様の声

お客様の声

患者様からの声を一部ご紹介いたします。

むちうちの治療で転院しました。

病院で治療するしかないのかと思ってましたが接骨院でも治療できる事を知り、むちうちの治療で転院しました。少し自宅から距離がありましたが倉林接骨院に決めて正解でした。

(40代女性 群馬県 伊勢崎市 在住)

土日も診療でたすかりました。

昨年交通事故に遭い、どこにいけばよいかわからないので会社の同僚に聞いたところ良い接骨院があると言うことでおせわになりました。土日も診療していただけるので本当に助かりました。

(30代女性 群馬県 藤岡市 在住)

いろいろな治療器があり、状態に応じて変えていただきました。

整形外科で症状固定といわれ困っていたところ倉林接骨院を紹介していただきました。いろいろな治療器があり、状態に応じて変えていただきました。だんだん良くなるにつれて治療方法も変えていただけたので確実に良くなるのが実感できました。同じことの繰り返しではなく、治療の説明もしていただき通院できてとても助かりました。

(30代女性 群馬県 高崎市吉井町 在住)

群馬県で交通事故の専門治療はおすすめです。

追突事故に遭い病院から転院しました。けがをちゃんと診てくれる交通事故専門の接骨院がないかと探していた所、倉林接骨院さんをみつけました。痛めた場所が修復しやすいようにテーピングをしたり、痛みを減少させるため物理療法や消炎剤などで対応していただき機能訓練まで面倒をみていただけました。群馬県で交通事故の専門治療はおすすめです。

(30代女性 群馬県 藤岡市 在住)

説明もわかりやすく転院を決めました。

電話で相談しました。むちうちの治療をしていましたがよくならずお話を聞いて転院を決めました。
治療も説明しながらわかりやすく、動きがよくなるにつれむちうちもよくなりました。むちうちは損傷部位をきめ細やかく治療することが肝心で最初が大切だとわかりました。

(50代女性 群馬県 高崎市 在住)

法的(慰謝料)なアドバイスもしてくれました。

初めての事故で不安でしたが質問すれば体の状態や法的(慰謝料)なアドバイスもしてくれました。
すごく親切でお勧めの接骨院ですよ

(30代男性 群馬県 高崎市新町 在住)

お問い合わせ

問い合わせ

倉林接骨院からのお知らせお知らせ一覧

  • 祝日1月9日(月)成人の日診療しています

    祝日の診療 1月9日の成人の日は診療しております。         交通事故に遭いけがをされた方はご連絡ください。 むちうちのこと 自賠責のこと 転院のこと 保険会社のこと などわ …

    続きを読む…
  • 明けましておめでとうございます。

    新年明けましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いします。 交通事故治療・むちうち治療はお任せください。

    続きを読む…
  • 年末年始の予約

    12月31日~1月4日までは休診となります。その間に交通事故に遭い、むち打ちになってしまったらご連絡ください。 新年からの予約 当院概要・アクセクのメールフォームにてご予約ください。     &nbs …

    続きを読む…

ブログブログ一覧

  • 車両保険とは

    車両保険 車両保険とは任意保険の中で自分の車に対する補償です。 契約内容にもよりますが契約車両が盗難に遭った、いたずらされた、飛び石などの時、保険金額を限度に保険金が補償されます。 また、台風や洪水で契約車両が壊れた場合 …

     続きを読む…
  • 人身傷害保険とは

    人身傷害保険 人身傷害保険とは交通事故に遭いケガをした場合に過失割合に関係なく、保険金額の範囲内で保険金が補償されます。 過失割合(かしつわりあい)とは交通事故の当事者間においてお互いの不注意の程度を数字で表します。 追 …

     続きを読む…
  • むちうちを放置した場合

    交通事故で被害に遭ったときの損害賠償をわかりやすく説明します。

    自動車保険や自賠責保険はあまりなじみがないことやほとんど使用したことがないからわからないかもしれません。 しかしあなたが交通事故で被害に遭われ損害を受けたときは相手に賠償していただかなくてはなりません。 いつ、だれがする …

     続きを読む…